top of page
検索
  • 執筆者の写真toshiyuki yoshimoto

9月24日ペイメント ナビ セミナーで講演します。

更新日:2020年8月5日

「決済サービスにかかわる法律の現状と複数の支払手段が関連する決済サービスの課題」と題して2020年9月24日下記の内容にて、講演を行います。


キャッシュレス・消費者還元事業は終了しましたが、マイナポイント事業も間もなく開始されます。新型コロナの感染防止策として、非接触型の決済が注目されており、カードの現物を必要としないオンライン、スマホ決済の利用も増加しています。これまでは汎用型のペイメントカードに対する法規制が中心でしたが、カードを利用しない決済や複数の支払手段が組み合わされた決済が増加する中、割賦販売法や資金決済法などの法改正が行われています。決済を巡ってどのような国内法での規制が存在し、どう変わっていくのか、また、どのような課題があるのかについて、カード発行をはじめ、その取扱いに関連する当事者がどのような点に留意すべきかについてお話しします。


■講演内容(予定) ➀決済業界の市場動向と変化 ②複数の支払手段が関連する決済の増加と課題 ③割賦販売法の改正内容と新しい決済手段に与える影響 ④金融サービス提供法による仲介的な事業者への影響 ⑤決済関連法律で注意したいポイントについて ⑥今後の注目点




お申し込みは、下記をご覧ください。


■開催概要

●主催:TIプランニング

●2020年9月24日10時~12時の開催

会場での対面の受講、オンラインでの受講(ライブ配信、アーカイブ配信含む)をご選択いただけます。

※会場 銀座 中小企業会館(地図URL

所在地 〒104-0061

東京都中央区銀座2-10-18

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ACAMS カンファレンスにて講演しました。

9月7日、8日の日程でコンラッドホテル東京で開催された第13回ACAMSカンファレンスにて、「ノンバンク決済を巡るFATF勧告及びFATF第4次対日相互審査と、本邦AML/CFTの取組み (銀行による決済業者のモニタリングを含む)」と題して、中崎隆弁護士、金融庁の岡崎 頌央(金融庁 総合政策局リスク分析総括課マネーローンダリング・テロ資金供与対策企画室 )専門検査官とともに講演しました。 吉元のテ

Comentarios


bottom of page