検索
  • toshiyuki yoshimoto

ACAMS カンファレンスにて講演しました。

9月7日、8日の日程でコンラッドホテル東京で開催された第13回ACAMSカンファレンスにて、「ノンバンク決済を巡るFATF勧告及びFATF第4次対日相互審査と、本邦AML/CFTの取組み (銀行による決済業者のモニタリングを含む)」と題して、中崎隆弁護士、金融庁の岡崎 頌央(金融庁 総合政策局リスク分析総括課マネーローンダリング・テロ資金供与対策企画室 )専門検査官とともに講演しました。

吉元のテーマは、「クレジットカード業界におけるこれまでのAMLの取組みと今後の課題」。


クレジットカード番号等の情報の盗用で、2021年の不正使用が330億円を超える中、不正使用の防止のために無権限使用、なりすまし使用を防ぐ犯罪対策とともに、金融機関のAML/CFT対策が進む中、実質的に資金移動に利用可能なクレジットカード取引が悪用される懸念があります。

特に、法人カードの従業員カードを利用したり、家族カードを悪用する資金移動が可能になる点に注意を払うべき旨を強調し、今後の不正検知システムに、正常取引を装う不正使用を見分ける観点を持つべき旨話しました。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

月刊「消費者信用」誌に4年にわたり連載しておりました「判例で学ぶ よっちゃんのクレジット法務講話」のうち、決済サービス取引に共通するテーマと判例を選び、その後の判例の変化を踏まえて、加筆・修正・新たな判例の追加などを経て「判例に学ぶ 決済サービスの法務と実務」として上梓する運びとなりました。 決済サービスにおいて発生しがちなサービスや会員規約に関する問い合わせや苦情、顧客の善管注意義務と抗弁に対す

2021年5月11日、小額短期の後払い決済を営む主要7社で日本後払い決済協会(会長:柴田伸 ネットプロテクションズ社長)が結成されました。 日本後払い決済サービス協会 (j-bnpla.jp) 協会は、後払い決済サービスに係る取引を公正にし、後払い取引に携わる関係事業者の業務の適正な運営を確保し、もって利用者の消費生活の向上と利便に貢献することを目的としています。協会設立当日は、経済産業省から阿部